弁護士は金融機関の手続きから相続までお任せできます

###Site Name###

相続というと、亡くなった人の土地や現金等の資産を家族が引き継ぐというのが広く知られているが、借金も資産に入るので亡くなった時に総資産と負債を調べてからが良いとされます。


死亡した人の口座は凍結され、取引先の金融機関の確認、連絡、相続の手続きの順番で勧められ、金融機関が書類を受領してから1.2週間程はかかりますが、家族は葬儀等の準備で体力的に疲れきっているうえ、精神的にもショックで疲労しきっているので、専門家に手続きをお願いするケースが増えています。

特に問題なく相続ができるなら司法書士にお願いすればいいですが、遺産の分配は家族で揉める事例が非常に多いです。交渉や訴訟が必要になる可能性が少しでもあるなら最初から弁護士に頼んだ法が安くすみます。

弁護士に相談する事によって揉め事が起こる前に説得する方法を教えてもらったり、万が一争いになった時にここが問題になります。

相続の弁護士の情報サイトはこちらです。

と事前に教えてもらう事で優位に立ちやすくなり、実際に揉めた時に迅速に動くことができます。

FC2まとめの分かりやすい情報はこちらです。

弁護士費用は着手金、報酬金合わせて相続の利益として得た金額の15%から30%までが相場ですが、金融機関の細かい手続きを代わりにやってくれる上に、高確率で有利な条件で相続できる事ができるのを考えると決して高いとは言いきれない金額だと思います。



もし悩みがあるなら、初回無料で電話、面接にて弁護士に相談できます。
依頼しなくても自分とは違う専門的な視点から話を聞く事のよって解決できることもあります。